美白スキンケア

近年、黒い日傘をさしている人を多くみかけるようになりました。
紫外線は白よりも黒の方が吸収しやすいので、黒い日傘の方が紫外線ブロック効果があるのです。
女性はしみとかそばかすとかスキンケアが気になるから紫外線ケアする人が多い。
そして、近年では男性でも日傘をする人が増えているといいます。
日本の夏は年々気温が増加し、熱中症のリスクが増しています。
そのためか日傘で直射日光を抑えようとしているのかもしれません。
また、単に女性と同様に美容的な観点から男性も日傘をしているのかもしれません。

雨も降ってない晴天に黒い日傘をさしてることにまだまだ違和感がある人が多いみたいです。
「日傘=白」みたいなイメージが一般にあるからかもしれません。

紫外線を浴びると、皮膚ではメラノサイトという細胞がメラニンの合成を促します。
チロシナーゼという酸化酵素を放出してチロシンというアミノ酸をメラニンに作り変えます。
これによって日焼けし、肌が褐色になってくるのです。
通常は、メラニンが増加して褐色に肌になっても数週間もすれば肌は元にもどっていきます。
ですが、部分的にメラニンが残ってしまうことがあります。これがシミ、色素沈着です。
これがターンオーバーによって排出されない原因は、角化サイクルにエラーが起こっているのではないかとされているためです。
そういったことが明らかになり、開発された美白成分も近年登場しています。

また、継続して紫外線を浴び続けると、メラノサイトが活性化したままになり、メラニンを継続的に作り出すようになって肌が白く戻りにくくなります。
そういったことがあるため、紫外線対策は美容にとって必須なのです。
また、紫外線は皮脂を酸化させてニキビの原因になることもあります。
http://www.bihakuskincarenavi.com/article/60419886.html
http://www.bihakuskincarenavi.com/
http://www.nikibicarenavi.com/article/48391153.html
http://www.nikibicarenavi.com/