医薬部外品に含まれる甘草誘導体グリチルリチン酸ジカリウム

医薬部外品の化粧品にグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K、甘草誘導体)といわれる成分が含まれていることがあります。この成分は抗炎症作用があり荒れた肌を整える働きがあります。
この働きは、グリチルリチン酸2Kにはステロイドと構造が似ており、ステロイド外用薬を塗ったときと似た働きがあります。もちろん、ステロイド外用薬のような劇的な効果も副作用もありません。

グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用があることから、ニキビ、肌荒れ向けの化粧品や、フケや頭皮の炎症を抑制する目的でシャンプーなどにも配合されています。
ただし、長く使い続けると何らかの副作用が起きる可能性も考えられます。化粧品に含まれるグリチルリチン酸ジカリウムの量はごくごく穏やかな量であり、効果も副作用も限定的だと思いますが、長く使い続けることで肌に合わない人もいます。
また、グリチルリチン酸ジカリウムは甘草の根茎から抽出されるのですが、この甘草エキスのような植物エキスが肌に合わない人も少なくありません。
そして、グリチルリン酸ジカリウムという成分に対して不安を持つ人は少なくないようです。
成分がステロイドと構造が似ていることによる抗炎症効果によるものなので、ステロイドのような副作用があるのではないかということです。
グリチルリチン酸類は、多くの医薬部外品で使用されるようになってきています。
ニキビ用化粧品、ヘアケア用品などです。
肌を清潔に保つ作用があるため、皮膚の炎症、ニキビの炎症、頭皮の炎症によるフケ、かゆみなどに効くとされます。
多くの化粧品に使用されているから完全に安全かといえばそうではないかもしれません。
基本的に同じような構造もつと、同じような作用があり、似たような副作用もあるのが一般的です。
ただし、同じような構造をもっていても少しだけ構造が違うだけでまったく違う効果になってしまうことがあります。
そして、化粧品に含まれる量はとてもわずかな量であり、グリチルリチン酸類にはあまり、神経質になる必要はないかもしれません。
http://www.dryskincarenavi.com/article/45703663.html
http://www.dryskincarenavi.com/
http://www.bihadacare.com/article/36448570.html
http://www.bihadacare.com/