野菜不足ではダイエット成功しない

厚生労働省の調査によると、日本人の成人の野菜摂取量は295グラムという結果がでています。
これは、目標値と定めている350グラムに届いていないのが現状です。
特に、意識して摂取している人と、野菜不足の人の差が大きいという結果もわかっています。

野菜には、様々な成分が含まれており、異なった性質をもつ多種多様な成分が含まれ、成分によって働きかける活性酸素が異なります。
そのため、一種類の野菜よりも数種類の野菜をバランスよく摂取することが理想です。

調理方法としては、野菜は加熱することで抗酸化物質が高くなるといわれています。ただし、加熱調理は野菜がもつ酵素の働きを失わせてしまいます。
野菜は多くの種類を、いろんな調理法(例えば、加熱調理、油料理、生で食べる)などの多くの方法で摂取するようにしましょう。
野菜を食べることは良いこととされます。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なので、健康や美容にとってプラスとされます。
ただし、食べすぎもあまり良いとされません。
繊維質というのは元々消化されず、はらもちは良いですが、消化不良の原因となることがあります。
消化器系が弱い人では、野菜でお腹がはったりすることも少なくありません。
特にお年よりのかたの場合は、わりとそういった状況に陥ることも多いです。
http://www.dietexercisenavi.com/article/calorie_bean.html
http://www.dietexercisenavi.com/article/calorie_grain.html
http://www.dietexercisenavi.com/article/calorie_vegetable.html
http://www.dietexercisenavi.com/article/calorie_fruits.html
http://www.dietexercisenavi.com/article/calorie_mushroom.html
http://www.dietexercisenavi.com/