ビタミンE過剰摂取による老化

ビタミンEサプリによって寿命が縮まる?

ビタミンEをサプリメントなどで長期的に摂取するとかえって寿命が短くなることがわかっています。
ビタミンEは脂溶性のビタミンであり、水溶性と違って体内でストックされます。
そしてビタミンEの効果は抗酸化作用です。

ビタミンEは過酸化脂質に対して自らが酸化されて脂質の酸化を抑制します。
その際の酸化されたビタミンEが酸化促進物質となるのではないかといわれているのです。

実際に実験ではビタミンEを飲んでもらったグループと何もしなかったグループで比較したらビタミンEを服用したほうが寿命が短かったことがわかっています。
ただし、十分なビタミンCが体内にあれば、ビタミンEの酸化も抑制できるといわれているため、
ビタミンEのサプリメントを摂取する際は、ビタミンCのサプリメントも意識的に摂るようにしましょう。