クーラーでの肌の乾燥が小じわ・たるみをまねく

夏はエアコンを使用する機会が多くなる季節です。
エアコンは室内温度を下げてくれるため、夏場の高温になる不快な状況を緩和してくれますが、場合によってはかえって体調不良になることがあります。

エアコンによって体が冷えて血行不良を起こすことがあります。
特に職場などで、パソコン業務が長く続く場合は、同じ姿勢になることで血行が悪くなり、肩こりや頭痛をまねくことがあるようです。

また、日中にエアコンによって体温が上がらないことで体内バイオリズムが悪くなり、自律神経が乱れる原因になります。
エアコンが体調不良を作る原因になって不眠症をまねくこともあるようです。

さらに、クーラーによって肌が乾燥してしまう原因になります。
だからといって、夏場に加湿器などは必要はありませんが、肌が乾燥しないようにスキンケアする必要があります。

室内温度は下げすぎに注意し、エアコンの温度は28度を目安にしましょう。
肌が乾燥してくると小じわがめだってくるようになります。
ファンデーションも粉をふいたようになることがあり、綺麗に見せることができません。
小じわをほうっておくと皺になり、深い皺となってしまうことがあります。
また、肌の乾燥は皮膚のたるみをまねくことがわかっています。
毛穴なども乾燥によってひらいてくるため、毛穴が重力方向に開いて影ができ、それによって肌がくすんだり、全体的にたるんで見えてしまうことがあります。
http://www.shiwatarumicarenavi.com/article/36207118.html
http://www.shiwatarumicarenavi.com/
http://www.veath.com/article/68219726.html
http://www.veath.com/