美容にとって重要なセロトニンとメラトニン

セロトニンが不足するとうつ状態になるといわれています。
そのため、うつ患者にはセロトニンを増やす治療が用いられます。
また、セロトニン不足がコルチゾール(ストレス物質)の放出させるといわれます。

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸から作られるため、トリプトファンが多く含まれる食品を摂取すると良いと思います。
トリプトファンが多く含まれる食品は、牛乳やバナナなどです。
就寝前に牛乳を飲むと安眠できるというのもトリプトファンの影響だといわれます。
また、牛乳には精神安定に働くカルシウムが豊富に含まれることも、安眠にとって適しています。

セロトニンと関係の近い物質にメラトニンがあり、セロトニンはメラトニンの前駆物質でセロトニンが増加すると通常はメラトニンも増加します。
メラトニンは睡眠を促すホルモンで、成長ホルモンの分泌を促す働きや免疫を強化する働きなどを有します。
そのため、メラトニンは若返りホルモンとよばれることがあります。

メラトニンは食品としてはバナナやトマトに多く含まれますが、効果を得るためには大量に食べないといけません。
そのため、メラトニンを増やすためにはサプリメントを用いることもあります。
ただし、メラトニンは脳内ホルモンであるため、日本ではサプリメントとしての販売は認可されていません。
メラトニンのサプリメントを利用希望の場合は、海外から取り寄せる必要があります。