美白スキンケア

近年、黒い日傘をさしている人を多くみかけるようになりました。
紫外線は白よりも黒の方が吸収しやすいので、黒い日傘の方が紫外線ブロック効果があるのです。
女性はしみとかそばかすとかスキンケアが気になるから紫外線ケアする人が多い。
そして、近年では男性でも日傘をする人が増えているといいます。
日本の夏は年々気温が増加し、熱中症のリスクが増しています。
そのためか日傘で直射日光を抑えようとしているのかもしれません。
また、単に女性と同様に美容的な観点から男性も日傘をしているのかもしれません。

雨も降ってない晴天に黒い日傘をさしてることにまだまだ違和感がある人が多いみたいです。
「日傘=白」みたいなイメージが一般にあるからかもしれません。

紫外線を浴びると、皮膚ではメラノサイトという細胞がメラニンの合成を促します。
チロシナーゼという酸化酵素を放出してチロシンというアミノ酸をメラニンに作り変えます。
これによって日焼けし、肌が褐色になってくるのです。

脂肪吸引とバストアップ(脂肪注入)

スタイルが良くなりたいとして多くの女性がダイエットを行っています。
でも、全体的に痩せるよりも、バストなどの部分的に痩身したくない部分もあると思います。
むしろ、バストアップしたいと思うこともあるかもしれません。
そんな人に理想的なのが、脂肪吸引と、脂肪吸引した脂肪をバストに注入する方法です。
痩身とバストアップを同時に行うことができます。

昔から脂肪吸引という方法は存在しましたが、かつては施術方法が確立されておらず、皮膚に穴をあけて無理に脂肪を吸引する方法がありました。
ですが現在では皮下組織に麻酔薬と生理食塩水を大量に注入してから吸引する、チューメセント方法という脂肪吸引が確立されたことによって劇的に安全性が高くなっています。
そして、その吸引した脂肪をバストに注入する方法も存在します。

クーラーでの肌の乾燥が小じわ・たるみをまねく

夏はエアコンを使用する機会が多くなる季節です。
エアコンは室内温度を下げてくれるため、夏場の高温になる不快な状況を緩和してくれますが、場合によってはかえって体調不良になることがあります。

エアコンによって体が冷えて血行不良を起こすことがあります。
特に職場などで、パソコン業務が長く続く場合は、同じ姿勢になることで血行が悪くなり、肩こりや頭痛をまねくことがあるようです。

また、日中にエアコンによって体温が上がらないことで体内バイオリズムが悪くなり、自律神経が乱れる原因になります。
エアコンが体調不良を作る原因になって不眠症をまねくこともあるようです。

さらに、クーラーによって肌が乾燥してしまう原因になります。
だからといって、夏場に加湿器などは必要はありませんが、肌が乾燥しないようにスキンケアする必要があります。

室内温度は下げすぎに注意し、エアコンの温度は28度を目安にしましょう。

美容にとって重要なセロトニンとメラトニン

セロトニンが不足するとうつ状態になるといわれています。
そのため、うつ患者にはセロトニンを増やす治療が用いられます。
また、セロトニン不足がコルチゾール(ストレス物質)の放出させるといわれます。

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸から作られるため、トリプトファンが多く含まれる食品を摂取すると良いと思います。
トリプトファンが多く含まれる食品は、牛乳やバナナなどです。
就寝前に牛乳を飲むと安眠できるというのもトリプトファンの影響だといわれます。
また、牛乳には精神安定に働くカルシウムが豊富に含まれることも、安眠にとって適しています。

セロトニンと関係の近い物質にメラトニンがあり、セロトニンはメラトニンの前駆物質でセロトニンが増加すると通常はメラトニンも増加します。
メラトニンは睡眠を促すホルモンで、成長ホルモンの分泌を促す働きや免疫を強化する働きなどを有します。
そのため、メラトニンは若返りホルモンとよばれることがあります。

メラトニンは食品としてはバナナやトマトに多く含まれますが、効果を得るためには大量に食べないといけません。
そのため、メラトニンを増やすためにはサプリメントを用いることもあります。
ただし、メラトニンは脳内ホルモンであるため、日本ではサプリメントとしての販売は認可されていません。
メラトニンのサプリメントを利用希望の場合は、海外から取り寄せる必要があります。
 | HOME |